banner

法人口座の開設

合同会社を設立する時には法人口座の開設が必要になります

合同会社などの法人を設立する時には、必ず法人口座を開設することが必要になります。法人口座がないと銀行取引をすることができないため、法人口座の開設は合同会社の設立の大事な要件になります。最近は振り込め詐欺などの影響もあり、法人口座を開設するのはとても難しくなっています。特にメガバンクなどの都市銀行では、法人口座の開設の条件がとても厳しくなっています。

銀行によっては、事務所の賃貸借契約書や会社案内、会社のホームページのスクリーンコピーなどの提出が求められます。これらの書類を提出することによって、架空の会社ではないことを証明できるためです。法人口座の開設には時間がかかりますので、合同会社を設立する時には、なるべく早めに銀行に行って開設の手続きをすることが必要になります。都市銀行や地方銀行では、必ず銀行の窓口に行って手続きを行うことが必要になります。

一度の手続きで開設できる場合もありますが、何度も銀行に足を運ぶことが必要になる場合もありますので、その時間も考慮して合同会社の設立を行うことが必要です。銀行によっては、資本金の額が少なすぎると、銀行取引ができない場合があります。株式会社の場合は資本金が0円でも会社を設立することができますが、資本金が0円の場合は、銀行取引ができない場合があるので注意が必要です。

最近は法人登記が可能なバーチャルオフィスがありますが、バーチャルオフィスの場合は、都市銀行では法人口座を開設することはできません。固定電話がない場合も開設できませんので、合同会社を設立する時には、必ず固定電話を持つことが必要になります。
最近は代行業者を利用すると、格安で電話加入権に加入できるようになっていますので、昔と比べると安い金額で固定電話を持つことができます。固定電話を持つことは会社の信用力を大きく高めます。

固定電話があると、会社の実在を証明できますので、銀行取引をすることも可能になります。事業内容がよくわからない会社は、銀行取引を断られる可能性があります。そのため定款を作成する時には、事業内容を簡潔に記載することが大切になります。合同会社の設立の代行をしている業者に依頼すると、銀行取引が可能なわかりやすい定款を作成してもらえます。電子定款の作成に対応している業者もあります。

銀行は暴力団などの反社会的勢力との取引がある会社とは、取引を行うことを禁止しています。そのため、銀行から見て怪しまれるような会社の場合は、取引を断られるケースが多いです。銀行取引を行うためには、反社会的勢力との関わりが一切ないことを証明することが必要になります。

Copyright © 2016 合同会社の設立に必要となる書類All Rights Reserved.